妊娠中の便秘になってしまう原因は?

妊婦便秘

 

女性なら誰でもなる可能性のある便秘
頑固な便秘はとても辛いですよね

 

 

特に妊娠すると便秘になる人が多くなりますし、妊娠中の便秘は人によって症状や原因もさまざまです

 

 

そんな辛い便秘にきちんと対処するにはまず自分の便秘の原因を知ることが大切です
妊娠中の便秘の原因は少し特有で間違った方法で対処してしまっていると『いつまで経っても便秘に悩まされる』なんていうことになってしまいますので…

 

 

また、出ないからといって薬に頼ってしまっていると、身体が薬に慣れてしまい、自分で頑張って排泄する力が弱くなってしまいますし、薬には当然副作用もあるのでお腹の赤ちゃんへ悪影響を及ぼすものもあります

 

 

つまり、妊娠中の便秘は薬に頼らず、それぞれの原因に合わせた対処法を行いしっかりと改善させることが大切です


妊娠中に起こる身体の変化とは?

 

便秘の話の前に少し妊娠した時に身体に起こる変化について紹介しておきます
まず、妊娠すると真っ先に起こるのがホルモンバランスの変化です

 

 

この中でも特に便秘と関係が深いのが黄体ホルモンです
黄体ホルモンはプロゲステロンとも言われ、胎盤を作る助けをしたり、子宮を緩める働きがあります

 

 

妊娠するとこのプロゲステロンの分泌量が増え続け、妊娠8〜9ヶ月ごろに分泌量がピークを迎え、その後緩やかに減少していきます

 

 

さて、妊娠・出産に必須のプロゲステロンですが、これがなぜ便秘に関係しているのでしょうか?

 

 

実はプロゲステロンには平滑筋といい、内臓などを作る筋肉を緩める働きがあるんです
そして、胃腸もこの平滑筋で作られているのですがプロゲステロンの影響で胃腸も緩んでしまい、便をスムーズに送り出せなくなり便秘になってしまう方がいらっしゃるのです

 

 

また、妊娠中に起こる変化はこれだけではありません
子宮が大きくなり、腸を圧迫することで便秘になることもありますし、羊水を確保するために体内の水分量が減って便秘になってしまうこともあります

 

 

このように妊娠中は便秘を招いてしまう身体の変化が様々出て来てしまうのです
では、ここからはもう少し具体的に妊娠中に便秘になってしまう原因、そしてそれに合わせた対策をご紹介していきます

妊娠中に多い4つの便秘原因とは?

妊婦便秘原因

運動不足

まず、妊娠中に便秘になる原因として多いものの1つに運動不足があります
妊娠中安静にするのも大事なのですが、逆に安静にしすぎて動かなくなり、体力がなくなってしまうのも困りものです

 

というのも、体力がなくなるとお産の時に身体が耐えにくくなり、スムーズに出産することが困難になることもあるからです
それに当然、動かないと腸の動きも鈍くなるので便秘にもなりやすいです

 

昔はみんな、妊娠中も積極的に身体を動かし家事や仕事をしていましたが、今は機械や道具に頼ることも多く、家事も便利になったため、運動不足になる方が増えています

 

なので、できるだけ無理をしない程度に身体を動かし、全身を使って家事をしたり、ウォーキングで汗を流したりして、動く時間をつくりましょう

 

とはいえ、激しい運動は厳禁です
特に安定期に入るまではまだ不安定な時期なので無理の無い範囲でウォーキングや家事などを行う程度に留めておきましょう

 

また、腸の動きが鈍く便秘になっているように感じる場合は運動に合わせてマッサージを行うのもありですよ
便秘解消にお薦めのマッサージ特集♪をチェックしてみる

水分不足

次に多い原因として水分不足があります

 

実はこの水分不足が意外に妊婦さんに多い便秘の理由なんです
というのも、妊娠すると羊水を確保するために身体は腸からガンガン水分を吸収して羊水の材料にしようとします

 

でも、この腸の中の水分は便秘を解消するためにとっても大切なんです
例えば、便秘の解消には食物繊維が大切といいますがこれは食物繊維が水分を吸収する性質があるからです

 

本来は食物繊維が水分を吸収することで便のかさが増し、適度に柔らかさも出るので便が出やすくなります
しかし、水分が足りないといくら食物繊維を食べても食物繊維が吸収する水分が無く、便秘になってしまいます

 

また、妊娠中はつわりになり、食べ物や飲み物が摂れなくなる方も多く、これも水分不足の原因となってしまいます
食事量や水分の摂取量に気をつけながら、便が固くなっているようなら少し水分の摂取量を見直すようにしましょう

 

特にのどが渇いてから水を飲むのでは遅いとも言われています
喉の渇きというのは身体が既に水分不足の状態でカラカラになったときに最後に出す信号とも言われています

 

このため、喉が乾いていなくても手元に常に水分を置いておきチョコチョコ飲むようにしましょう

 

また、ノンカフェインのお茶なども良いのですができればミネラルウォーターを飲むようにしましょう
水は体内の毒素を浄化する効果もあるので母体の環境を整える上でも非常に重要です

 

その一方で
『とにかく水が身体に良いから!』とガブガブ飲んでいればいいのかというと、そうでもありません
冷たい水を飲みすぎると今度は身体が冷え、むくみや代謝の低下を招いて別の症状の原因になってしまうこともあるからです

 

なので、自分の身体の状態や便の様子を見ながら適度に水を飲む量を調節していきましょう

 

また、飲むだけではなく食べ物からいかに水分を摂るかを考えることも大切です
食べ物にも水分は多く含まれていて、『水分不足の場合は食べ物から水分を摂ることがよい』と言われることもある程です

 

また、水分が豊富なのは野菜や果物ですが野菜や果物には良質な栄養が豊富に含まれています
水分の他にもビタミンやミネラル、食物繊維も豊富で便秘の改善の他に体質を整えてくれる効果もあります

 

なので、毎日の食事に野菜や果物を意識して多めに取り入れるようにしましょう
つわりがひどい場合はできるだけ食べられる物を少しずつでも口にするようにしてください

 

どうしても固形物が受け付けない、そんなに野菜や果物ばかり食べられないという場合は青汁や酵素ドリンクを飲むのもオススメです
酵素ドリンクや青汁には野菜や果物に含まれている酵素がギュギュッと詰まっていて、腸の状態を整える上で非常に大切な役割を果たしてくれます

 

ただし、これも水と同じで青汁や酵素ドリンクが身体に良いからと言ってガバガバ飲むのではなく程々に留めておきます
青汁や酵素ドリンクは身体を冷やす側面もあるので、何事も身体の状態を見ながら適度に飲むようにしましょう

 

妊婦の便秘解消におすすめの青汁をチェックしてみる

 

妊婦の便秘解消におすすめの酵素系食品をチェックしてみる

子宮が腸を圧迫する

赤ちゃんとともに子宮が大きくなってくると、腸や内臓が圧迫されて腸の動きが弱くなり、スムーズに便が出にくくなります

 

ただし、こればかりは直接はどうしようもありません
赤ちゃんが動くと子宮の圧迫が取れてまた便が出やすくなることもありますが、別の場所で圧迫が起こるなどして繰り返し便秘になることもあります

 

だからといって何もせずゴロゴロ寝てばかりだと、余計に腸の動きが悪くなります
子宮の圧迫は取り除けないとしても、便秘を解消させるための食べ物を何回かに分けて少しずつ摂るようにしたり、ストレッチやマッサージをして身体を柔らかくし、腸の動きを活発にしてあげることで元気な便が出るように手助けしてあげましょう

 

というのも、この子宮による腸の圧迫は何もせず毎回、無理に固い便を出すというのは少し危険なんです
実は子宮による腸の圧迫が起こるとその部分は血流が悪くなり、腸自体がダメージを受けやすい状態になってしまいます

 

そして、ダメージを受けやすくなった腸に思いっきりいきんで固い便を出してしまうとその部分が傷ついて出血したり、痔になってしまうこともあるんです

 

なので、どうしようも無いからと放置するのではなくまずできることから対策を始めていきましょう

 

ストレスや不安

妊娠中はホルモンバランスが崩れ、体調が悪くなる方もいますが、ホルモンバランスの崩れは精神的にも様々な影響を与えます

 

特に妊娠中は何かと不安やストレスが多い時期なのですが、ホルモンバランスの崩れでこの不安やストレスが助長され、心配事が増え、心が不安定になりやすい方が多いです
また、いつもと違う体調や気持ちの変化にピリピリしてしまいやすく、この事もストレスの原因の1つになります

 

また、ストレスは便秘とも非常に深い関係があります
最近、腸内細菌と便秘の関係が指摘されることが増えてきましたが、実はストレスはこの腸内細菌のバランスを乱す大きな原因の1つなんです

 

ストレスは腸の中にいる善玉菌の数を減らし、悪玉菌の数を増やします
善玉菌は便を肛門に送るための蠕動運動を活発にする働きがありますが、善玉菌が減ることで蠕動運動が鈍くなり、便秘の原因となってしまいます

 

また、ストレスの多い状態が続くと交感神経と呼ばれる神経が常に活性化した状態となってしまいます
交感神経は身体を興奮させる神経でスポーツなど運動をしているときには非常に重要なのですがその反面、食後やリラックスしている際には活動が落ち着いて副交感神経が優位に働かなければいけません

 

しかし、ストレスの多い状況が続くと、必要に応じて交感神経が落ち着くことができず、副交感神経が十分に働く状態が作れなくなります
そして、副交感神経は蠕動運動を活発にする働きがあるのですが、交感神経のせいで副交感神経が働けず、蠕動運動が鈍くなり便秘の原因となってしまいます

 

このようにストレスは様々な面で便秘と深く関係しあっています
こうなる前に、体調が悪いときはゆっくり休む、心が安定するように趣味やリラックスできるものを見つける、辛いときは一人で抱え込まずに周りに相談するなど、ストレスを解消する方法を見つけることが大切です

 

リラックスできれば身体も休まり、体調も良くなる方は多いです
多くの病気の原因は忙しすぎるせいで身体がリラックスできていないためと言われることもあるほどで、休息と活動のバランスを整えることはとても大切なんです

 

最近、ストレスが溜まってきている、なんだか無性にイライラすると感じている場合は思い切って1日ゆっくりと過ごし、ライフスタイルや時間の使い方を見直してみましょう


妊娠中の便秘対策のまとめ

妊婦便秘解消まとめ

 

このように、妊婦の便秘は人によって様々な原因と対処法がありますが、何よりも大切なことは何が原因であなたの便秘が起こっているかを把握することです
そして、その為には常に自分の体調が今どんな状態なのか、便はどんな状態なのかを見直すことが大切です
管理人が妊婦の時期に実際にやって良かった8つの♪便秘解消法を見てみる

 

 

例えば、便が硬くて出しにくい場合は水分の量を増やすことで対応してみます
そして、一気に水分を増やすのではなく、少し水分を増やしてみて、また便の状態をチェックします

 

 

まだ便が硬く乾燥しているようならもう少し水分の量を増やしたり、便に水分を与えてくれる水溶性食物繊維を豊富に含む海藻や果物などを少し多めに食べてみるなどの工夫を常に行い続けることが大切です

 

 

もし、慣れない生活に心身ともに疲れ切っていると感じた場合はゆったりと休養することで便秘が解消することもあります
『身体に良い物を食べないと!』
とばかり考えるのではなく思い切ってそれまで自分が我慢していた大好きな物を食べてみるというのもありかもしれません
便秘の解消法に絶対はありません

 

 

特に妊娠中は

  • これまでと違った身体の変化
  • 様々なストレス

など便秘の原因となるものが一気に押し寄せてきます

 

 

そんな時、大切なことは『便秘解消の為には絶対にこの方法!』と決めて行うのではなく、

  • どうすれば身体が喜んでくれるか?
  • どうすればお腹の赤ちゃんが喜んでくれるか?

をしっかりと考えて実践を繰り返してみましょう

 

 

そして、自分が実践した結果が合っているかは便の状態を見ながら振り返ります

  • 便が柔らかくなった
  • 便の色が黄色っぽくなってきた
  • 便の臭いがキツくなくなってきた
  • 排便のリズムがしっかりできてきた

こういった変化が出てくれば上手く身体に合わせた便秘対策ができてきている証拠です

 

 

常に身体にどういった変化が起きているかに注意しながら毎日の食事や運動などの生活習慣を見直していくようにしましょう

 

 

妊娠中は便が固くなるといきむのも一苦労なものです
できるだけ柔らかく元気な便が出るように自分に合った対処法を試してみてください

 

 

お腹がスッキリすると身体が軽くなり、気分も良くなるのでマタニティライフをもっともっと楽しめるようになりますよ♪
妊娠中の便秘はしょうがないと諦めるのではなく、まずはできることから少しずつ始めてみましょう


妊婦の便秘関連記事

普段から便秘に悩まされている女性は少なくないと思います。いつもは快便で便秘とは無縁だったのに、妊娠を機に便がでなくなる方も…妊娠すると大半の方が便秘になりやすいと言われてます。わたしも元々便秘症だったのですが、妊娠中は更にひどくなり、毎日出ずにとても辛い思いをしましたお腹に赤ちゃんがいるのに強くいきむのが怖い…お腹が張って苦しい…便秘から痔になってしまった…市販の薬を飲むのも不安…そんな悩みをかか...

女性に多い便秘。特に妊婦さんのほとんどが便秘になると言われています。お腹が張って苦しいし肌は荒れるし気分も沈んでイライラするし…便秘ってほんとに辛いですよねそこで、自分で簡単に作れてしかも美味しい健康にも良い便秘解消法スムージーの作り方をご紹介します♪スムージーは食物繊維が豊富で便秘解消にも効果絶大?自分の好きな野菜や果物を入れてスイッチをポンっと押すだけ♪今回はミキサー、もしくはジューサーがあれ...

妊婦でも簡単にできる便秘解消体操♪妊娠すると身体に様々な変化があらわれます・つわりで気分が悪くなる・子宮が大きくなるので腰痛がひどい・骨盤が広がり姿勢が悪くなる・血流の流れが悪くなり肩こりや足のむくみが出てくる・お腹が大きくなり、臓器を圧迫するため胃もたれや胃痛がする・息切れ、動悸が激しくなるなど、人によって様々な変化がおこりますしかし、中でも一番妊婦さんに多いのが「便秘」です元々快便だったのに便...

妊娠が発覚してとてもうれしい妊娠初期は、自分が母親になった喜びでいっぱいの時期ですしかし、妊娠初期は体調の変化があらわれるので、便秘になる方が多くなりますつわりが始まり苦しむ妊婦さんも多いですが、同時に便秘に苦しんでいる妊婦さんも多いんです妊娠してお腹には小さな赤ちゃんがいるため、市販の薬を飲んだり無理にお腹を圧迫したりはできませんそこで、まずは妊娠初期の便秘の原因を知り、それに合わせた対処の仕方...

妊娠してお腹が大きくなると赤ちゃんの胎動を感じて嬉しいですねしかし、赤ちゃんが大きくなることでお母さんが便秘になってしまうことが多いのです妊娠すると今まで便秘になったことがない人も便秘になったりします妊娠後期の便秘は、長引くと出産する時も大変になります妊娠後期は出産を間近に控えたデリケートな時期なので、お母さんたちも胎動やお腹の張りを気にして生活するようになりますそのため、お腹の痛みがあると、陣痛...