便秘になりやすい性格ってあるのでしょうか?

便秘解消,疑問,性格

便秘になりやすい性格ってあるのでしょうか?
性格によって便秘にりやすい、なりにくいというのはあります
しかし、性格もありますが時と場合によって
仕事や恋愛などでストレスを感じている時や不安を感じている時は
自然と便秘になりやすいということですね

あまり考え込むことをやめて、ゆっくりとリラックスして過ごすことが便秘解消につながります♪

病院で便秘の診察をしている現役の先生に話を聞きますと、
便秘に性格が大きく影響を及ぼしていることが分かります。


特に便秘になりやすい性格の方は、

・真面目すぎる人
・神経質な人
・ストレスに弱い人
・心配性の人
・努力家の人

など自律神経が安定せずに交感神経が優位になりやすい人です。



自律神経とは、呼吸や血液の循環など生命活動にに必要不可欠な生命線となる神経で、
交感神経と副交感神経の2種類の神経系にわかれます
簡単に分かりやすくクルマに例えますと、
交感神経は、アクセルです
交感神経が優位な状態になると血圧が上昇したりカラダも脳も活動モードに入ります

逆に副交感神経は、ブレーキです
副交感神経が優位になると血圧なども降下し心身ともにリラックス状態になります
この二つの神経はシーソーのようにバランスを保っています
どちらか一方が活発な時は、もう片方は休んでいる状態です


腸が便を押し出す運動は、副交感神経によって腸が収縮をする運動ですので
リラックスしている状態であれば腸は活発に動きます

自律神経のバランスはそのときの生活環境によっても左右されますが、
性格も大きく関係します



普段からのんびり屋さんで、楽天的な性格の方は副交感神経が優位になりやすい傾向があります
つまり、便秘になりにくいという事です


逆に神経質な方や心配性の方などは交感神経が活発になりやすい傾向があるために
副交感神経の働きが低下し、リラックスする時間が短く、
結果的に腸の動きが悪くなってしまい便秘におちいってしまうということです