下剤に頼らず便秘解消

便秘解消,口コミ,サプリ,下剤に頼らない

瀉下薬(しゃげやく)俗にいう下剤や便秘薬というものは、大きく分けると2種類あります。
しかしどちらも強制的に便意を誘発させるだけのもので抜本的な便秘解消にはなりません。
それどころか、下剤や便秘薬がないと便意が起こらないというような、依存症も誘発してしまう危険もあります。

 

市販されている下剤の種類

 

下剤、便秘薬には大きくわけると2種類があります。

『機械性下剤』

機械性下剤は便の水分を増加させたり、水分を加えたりすることで固くなっている便を柔らかくし、
便秘を解消しお通じを促します。

 

【1】浸潤性下剤
界面活性剤のチカラで便を柔らかくして排便しやすくする薬です
市販薬:コーラックU、スルーラックプラス、クリアなど

 

【2】膨張性下剤
水分と一緒に飲むことで便を膨張させることで腸を刺激し排便しやすくする薬です
市販薬:スルーラックデトファイバー、ウィズワン、サトラックスなど

 

【3】塩類下剤
塩類の浸透圧により、便に含まれる水分が腸に吸収されるのを抑えることで、
便を柔らかくし排便をしやすくする薬です
市販薬:スラーリア、ミルマグなど

 

【4】糖類下剤
塩類と同様に糖類による浸透圧で便をやわらかくする薬です
市販薬:ほとんどありません。

 

『刺激性下剤』

刺激性下剤は、大腸に作用するものと小腸に作用するものがありますが、今は大腸に作用するものが
主流となっています。その名の通り腸を刺激することで排便を促すのですが、
場合によっては下痢を引き起こしてしまいます。

 

直接刺激を送るので効果はとても期待できますが、
慢性的に使用してしまうと効果が鈍くなってきてしまいます

 

市販薬:スルーラックS、コーラック、ビューラックなど

 

 

下剤では便秘は治らない!

 

下剤や便秘薬というのは、無理やり排便を促す薬です
もちろん副作用もありますし、何より根本の便秘解消にはなりません

 

一時的にはスッキリしますが根本を解決していない以上、また便秘になります
自分自身の便秘の原因を把握し、その便秘にあった対策、改善法を実践しないことには
いつまでも便秘に悩まされることになってしまいます

 

 

下剤による副作用

 

下剤は一時的にスッキリするだけで、本当の意味で便秘解消ができたわけではありません
下剤などの薬に頼ってしまうと腸の機能はどんどん低下していきます

 

下剤に含まれる成分には
腸を黒くし大腸を固くして伸びたゴムのような状態にしてしまうものが含まれています。

 

この症状を『大腸メラノーシス』と言い、下剤の最大の副作用といえます

 

大腸メラノーシスには自覚症状がないので、下剤なしでは便意が起こらないという方は
大腸メラノーシスになっている可能性が高いということです

 

多くの原因は市販されている刺激性の下剤を続けて飲んでいる場合ですね
刺激性下剤を飲むことが習慣となっている場合などは、徐々に効果がなくなり下剤の量を増やしたりすることで
さらに腸の動きが悪くなって下剤なしでは排便ができないということになります

 

ただ大腸メラノーシスは重病ということではありませんのでご安心を!

 

基本的には1年前後の間、薬の服用をやめる事で改善します

 

急に下剤の服用を辞めるというのはかなり難しいことかもしれませんが。

 

 

どうすれば改善するの?

大腸メラノーシスの疑いがあると思われた方は、まず刺激性の下剤の服用を辞めましょう
刺激性下剤以外の下剤を使うということですね
刺激性を使わず、他の下剤を服用しつつ便秘解消の方法を実践して腸内環境を整えていきましょう

 

食生活に気を付けて暴飲暴食をしないようにしたり、運動不足や睡眠不足も腸に良くありません
腸内環境を整えるために必要な栄養を沢山取り込むことも良いです
食物繊維はモチロン、オリゴ糖や消化酵素などですね
時間はかかるかもしれませんが、徐々に解消していきます

 

下剤のように強力な効果があるサプリメントはありませんが、
当サイトで紹介しているカイテキオリゴはすぐに効果が実感できます

 

下剤の服用をストップした最初は辛いかもしれませんが、ゆっくりと慣らしていきましょう