便秘の解消に効果的な青汁

便秘解消青汁おすすめ

 

便秘解消の為の健康食品と言えば青汁♪
と思われている方も多いのではないでしょうか?

 

 

食生活の改善を手助けし、便秘解消やダイエット効果も期待できる青汁
最近は粒状タイプやフルーツタイプなど非常に多くの青汁が発売されていますが、特に便秘解消にお薦めの青汁をピックアップしてみました^^


便秘解消におすすめの青汁ランキング

サンスター粉末青汁

サンスター青汁便秘解消


 

ココがおすすめ!

便秘解消,カイテキオリゴ

  • 100%国産、大手メーカーの青汁
  • 主原材料は明日葉、大麦若葉、ケール、モロヘイヤ、ブロッコリーの5種類
  • 一般的な青汁の2.5倍の量でしっかりと栄養を補給
  • デンプンなどのつなぎは一切使用せず自然な形で摂取
  • 食品添加物不使用
  • 1食当たり150円(2.5倍の量だとコスパはかなり高め)

 

管理人からのコメント

便秘解消,便秘

大手メーカーのサンスターさんから発売されている青汁
国産の原材料にこだわり、青汁の原材料もケール、明日葉、大麦若葉を中心にかなり栄養バランスよく摂取できる様になっています

 

商品ページも余計な説明がないのが良いですね^^
一日に不足している野菜を一杯で補う事が出来るので食物繊維不足や食生活に問題があって便秘になっている方は便秘解消効果がかなり期待できます
食品添加物不使用なので安心感もありますね♪

サンスター青汁便秘解消


 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

 

ココがおすすめ!

便秘解消,カイテキオリゴ

  • 青汁が苦手な方でも美味しく飲めるようにフルーツを配合
  • 初回680円(継続する場合は1日133円〜)
  • 返金制度ありでお試しが可能♪
  • 青汁の原材料は明日葉、大麦若葉、クマザサ
  • 美容成分(セラミド、ヒアルロン酸、プラセンタ)配合

 

管理人からのコメント

便秘解消,便秘

便秘解消の為に青汁が気になっているけど、どうしても味が苦手…という方に人気なのがフルーツ青汁♪
フルーツ青汁もたくさん種類がありますが、中でも最近話題なのがぺこ&りゅうちぇるのぺこちゃんが愛用しているめっちゃぜいたくフルーツ青汁です♪

 

今までのフルーツ青汁と比べても栄養の含有量が多く、味もおいしいと人気が爆発しています(笑)
全額返金制度もありますのでとりあえず試して考えるというのが出来るのが嬉しいですね

 

便秘はもちろん置き換えダイエットにも活用できます

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

 

酵素青汁111選セサミンプラス

酵素青汁111選セサミンプラス便秘解消

 

ココがおすすめ!

便秘解消,カイテキオリゴ

粒状タイプでいつでも手軽に摂取できる
スーパーフードのスピルリナ配合
青汁の主原材料は明日葉、ケール、長命草
奇跡の植物モリンガを配合し栄養価か◎
酵素配合で体質改善にもおすすめ
初回500円(継続する場合は1日あたり110円)

 

管理人からのコメント

便秘解消,便秘

青汁の粒状タイプは最も手軽に摂取できるので習慣にしやすいのがメリットですね♪
また、ドリンクタイプであれば飲みにくいケールなどの食材もふんだんに取り入れる事が出来るメリットがあります

 

青汁ではめずらしいモリンガ、スピルリナなどを手軽に摂取できる青汁サプリはここだけですね♪

 

酵素青汁111選セサミンプラス便秘解消

※便秘解消青汁ランキングは管理人の実体験、口コミ、SNS、販売実績などを参考に独自に作成しています※

便秘の解消に効果的な青汁はどんな人におすすめなの?

 

 

青汁とはケールや明日葉、大麦若葉などの緑葉野菜を絞った飲み物のことを指します
日本に現存する最も古い医学書の「医心方」の中にも青汁について記載されていて、性別や年齢を問わず幅広い人々に認識されていました

 

 

青汁には豊富な食物繊維が含まれているので便秘の解消に効果を発揮し、どんな人におすすめなのか見ていきましょう

  • インスタント食品やファーストフード食品に偏った食生活を送っていて野菜不足を感じている
  • 便秘薬や下剤などの医薬品に頼らずに自然な形でお通じを良くしたい
  • ビタミンやミネラルなどの栄養素もバランス良く摂取して健康体を維持したい
  • ニキビや吹き出物といった肌荒れを解消して美肌を維持したい

『青汁は年配の方が飲む飲み物なのではないか?』
とイメージしている方は多いかもしれません

 

 

でも、便秘解消効果や美肌効果が得られることで有名で、現在では女性や子供も毎日の生活の中に積極的に取り入れています

  1. 青汁の中には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類がバランス良く含まれている
  2. 不溶性がぜん動運動を活発にして、水溶性が便に適度な水分を含ませてくれる
  3. 不溶性2:水溶性1の割合で摂取すると効果的に便秘の解消に繋がる

上記のようなメカニズムになっており、食生活の欧米化で野菜を食べる機会が減ってしまったからこそ、青汁は毎日でも飲みたい飲み物の一つなんです!

青汁で便秘を解消!正しい選び方は?

 

青汁はどれも同じではなく、使われている原材料には違いがあります
原材料が違えば配合されている栄養素も変わり、効率良く便秘を解消するには正しい選び方を心得ておかなければなりません

 

 

以下では青汁の選び方の目安を幾つか挙げてみたので、「どれを飲めば良いのか分からない」といった方は一度チェックしておきましょう

青汁の中に使われている素材の特徴を把握する

まずは青汁の中に使われている素材の特徴を把握するのが大事です
緑葉野菜を絞っている飲み物であれば全て青汁とカテゴライズされ、豊富な食物繊維で便秘の解消の手助けをしてくれる点では一緒でも微妙な違いがあります

 

 

それに、便秘以外にも悩んでいる症状は何かしらあるはずなので、原材料別の特徴を大まかにまとめてみました

ケール
  • キャベツの一種のアブラナ科の緑葉野菜で青汁の中でも代表的な素材
  • β-カロテンやビタミン、ルテインやクロロフィルなど栄養価が非常に高い
  • 目の健康維持や生活習慣病の予防にも大きな効果を発揮する
  • 独特の苦みがあるので青汁の中でも特に飲みにくいと感じやすい
明日葉
  • 日本原産のセリ科の多年草で、「芽を摘んでも明日には新しく出る」という由来で名付けられた
  • 強い抗酸化作用を持つフラボノイドのカルコンを含み、明日葉特有の栄養素
  • 血圧降下作用や便通改善効果に優れている
  • 近年ではガンに効き目のある食材としても注目を集めている
大麦若葉
  • イネ科の植物である大麦の若い葉の部分を指す
  • サビつきや老化の原因となる活性酸素を除去するSOD酵素を豊富に含む
  • 女性が悩まされやすい貧血の予防効果や新陳代謝の向上に力を発揮する
  • 青臭さやクセがないので他の原材料と比較して遥かに飲みやすい
桑の葉
  • 日本の様々な場所に自生しているクワ科の落葉樹で、スーパーフードとして注目を浴びている
  • 血糖降下作用や利尿作用に優れていて、漢方薬としても使われている
  • メインの原材料ではなく補助的な存在として青汁の中に入っていることが多い

このような違いがあり、複数の材料を使って作られた青汁であれば相乗効果が期待できます

 

 

単純に便秘を和らげてお通じを良くするだけではなく、毎日の食生活では足りない栄養素を補って病気を未然に予防してくれるのです
中には海外産の素材を使っている製品もあるので、原材料の種類と合わせて産地の確認を欠かさずに行ってください

原材料の栽培方法をチェックする

青汁で便秘を解消するに当たり、原材料の栽培方法をチェックして安心して飲める製品を探したいものです
野菜が健康に良い食材なのは一緒でも、農薬まみれの青汁は絶対に飲みたくありませんよね

 

 

そこで、以下の2種類の栽培方法で採れた野菜を使った青汁がおすすめです

  • 農薬を使わないで野菜を育てる無農薬
  • 無農薬で更に2年〜3年に化学肥料を使わない有機栽培

有機栽培はオーガニックとも呼ばれており、それに該当する商品には【有機JAS認定】が付いています

 

 

『私は敏感肌で乾燥肌だからオーガニックコスメを使っている』
という女性も現在では多いのではないでしょうか

 

 

無農薬よりも有機栽培の方がハードルが高く、安全性の高い青汁の選び方として欠かせません

長く飲み続けられる味かどうか

上記でも軽く説明しましたが、長く飲み続けられる味かどうかは青汁の選び方で押さえておくべきポイントです

  • ケール⇒独特の苦味があるので飲みにくい
  • 明日葉⇒口当たりが良いので素人にもおすすめ
  • 大麦若葉⇒粉末タイプでも楽に飲むことができる

素材によってこのような違いがあり、実際に飲んで比較してみるのが良いでしょう

 

 

『ケールは苦くて青臭いからやめた方が良い』
というわけではありませんし、最近の商品は味を上手く調節して飲みやすさも意識してくれるようになりました

 

 

インターネット通販の青汁は返金保証制度が用意されていたり、お試しセットを購入できたりといった特典があるので積極的に利用すべきです

青汁のタイプで比較する

 

青汁と一口に言っても以下のように様々なタイプに分けられます

  • 液体タイプ:その名の通りジュースのような感じの製品で紙パックに入っている
  • 冷凍タイプ:絞った青汁を冷凍で固めた製品で鮮度が良い
  • 粉末タイプ:フリーズドライで粉末へと加工し、水やお湯など好きな飲み物と混ぜる
  • 錠剤タイプ:カプセルのサプリメントを指し、栄養素が小さな粒に濃縮されている

『液体タイプは飲む時に手間がかからない』
『粉末タイプは自分の好みでアレンジできる』
『錠剤タイプは青臭さを気にせずに済む』

など特徴が異なるので、どれが良いのか比較してみてください

青汁を飲むタイミング!便秘の解消に良いのは?

 

便秘の解消が目的で青汁を飲むに当たり、食前のタイミングが最も良いと言われています

  1. 食べ物を食べる前に1杯の青汁を飲む習慣を身に付ける
  2. 豊富な食物繊維が腸へと効率良く働きかけてくれる
  3. 食後の排便がスムーズになって便秘の症状が緩和する
  4. 無理に便秘薬などの市販薬に頼らずに済む

食前に飲めば多少はお腹が膨れるので自然と食事量を抑えられ、ダイエットを試みている女性におすすめです
就寝2時間前のタイミングも便秘の解消に適していて、毎日コンスタントに飲んでいると便通が良くなります

 

 

でも、青汁の中には食物繊維が多く、消化のために腸が動いて快眠が阻害される可能性があるので、寝る直前に飲むのはやめましょう

栄養補給が目的であれば寝起きの1杯の青汁がおすすめ!

毎日の食生活で足りない栄養素を補う目的で青汁を飲もうと考えている方には、寝起きの1杯がおすすめです

  1. 睡眠中の身体は汗をかいて想像以上にエネルギーを使っている
  2. 朝起きて直ぐは身体が最も栄養分を欲している状態
  3. この時間帯に青汁を飲めばビタミンやミネラルが吸収されやすい

このようなメカニズムで効き目があるものの、寝起きに冷たい青汁をガブガブ飲むと胃腸がビックリして負担が加わるので飲みすぎには注意してくださいね